ハンネの変遷… アンネの日記…

おかんは、琵琶湖で産湯に浸かり…


湖面を拭き渡る風を纏ひ… 育った…



拙者は、ヲタ窪の病院で産湯に浸かり…
ヲタ窪の井戸水で、沐浴し…


善福寺川の川風を纏ぃ… 育った…



おかんより、一回り 年上やった…
おとんは…


化学(ばけがく)の… せんせをしてて…


厳しく… でも、拙者を愛してくりた…



妄想で、遊び…
でも、ぢゃぢゃ馬で…


おとんが望んだ、大和撫子にゃ 程遠かった拙者に…


18才の正月に、
『静』の一文字を色紙に大書し…


戒めに、贈ってくらはった位…



おとんの理想とは、かけ離れた…



落ち着きの無ひ拙者… (ー。ー#)…



でもな… 不思議ね…


おとんが育った… 下町に、今…
暮らしてる…



川風を纏ひながら...


川風を愛でながら...



拙者は、川風の民…


いつしか、さふ想ぃ…



ウニッ記でも、さふ名乗ってきた…



そりを目にした方々は… ちんぷんかんぷん…
やったみたひ...



でもな、沿海衆の先輩リポーターの お一方が、
空姫サマ♪に昇り…


下町を見渡し…


『川に囲まれた土地なんだな』… って、リポで
ツブヤキ…


その意味を、はぢめて… 理解してくらはった…



あの時は、嬉しかったな...



震災につぃて、學びをくださった…
先輩リポーター殿ッ…



ま… 一番の仲よし…らしき、御婦人が…
拙者の『結び』を、よくは思わず…


御注進……


何処其処に、『結びつけてた』…
と、覗き見情報をコメしてるのを見て…


拙者、しおり登録… ハズシたカラ…


今は、どぉしてるか…


わかんなひ…



學びは、頂ぃたケド…


拙者に、敵意を持つ仲良しサンが、
傍に居るなら…


そりゃ、定期購読の… しおり…
ハズしまふがな…



メッタ斬り… されるのを、見たくは無ひモン…



なんで… こんな、ヒトを傷つけるやふなコメ…
するんやろ…


おかん位の年の方が…


と、ネットの怖さ… 改めて、學ばされた一件やった…



黒南風に、襲われた後やったし…


そらぁ キズつぃた…



おそらくは、相手のねらった通りに…



でもな、多分… その方も、
『最愛の息子を、取られたくなひ』… つな…


いわゆる、愛情の激しさ… と思ったし…



何より、キズつきたくはなかったから…


キッパリ… 離れた…



あの頃… 変に、敵視を持たれ、覗き見をする方々が、
案外、多ぃコト… 知り…


目立つ存在である己れを…ハンネを変えるコトで…


防衛してた…



もぅ、一つ…一つ…のハンネ…
思いだせなひ…





白妙の風サマから、この前 頂ぃたメール…


救われた部分的もあるケド…



やっぱ… 凹んだ...




拙者、



空や… 風…


木々や… 花…


感ぢたママに… 想ぅたママに…


愛でた… 言の葉… 綴ってた…



文章力、無ひカラ… ちんぷんかんぷん…な…


ヒトには、中々に… 理解しては頂けなかったみたぃも…




自由に… 想ぅたママに……



ね? でも… 今年は、秋彩仕事… はぢまッても…


ハンネ、変えるのを… ヤメたン...




だって、拙者… 別に、悪ぃコト…
してなひモン…



なのに、ハンネ変えて…


隠れたの? なんて、思われたくはなひ…




拙者は、拙者…



ハンネ、変ぇやふが… 変ぇまひが…


己れの… あるがママ…



道を歩んでる………




さふ、想ぅカラ…





あのね…


今の自分…… 好き………




嫌ぅヒトが、居た… としても、


好き………



想うた道を、歩んでる…カラ…






画像、アンネに贈られた… 薔薇姫サマ♪




















言の葉、つけませぬ…



この花色…


この花姿…




今の… 己れの…


ココロ……




アンネの日記…